我が家のおにぎり事情

今日は我が家のおにぎり事情を(^^)。

我が家では子供がクラブを始めてからおにぎりを作る機会が増えました。
土日のクラブは時間の短い休憩に手軽に食べるみたいで、手早く食べれるのはおにぎりかパンのようです。朝ごはんパン派の我が子はできるだけ昼はお弁当に。なので平日はお弁当なのですが、そのお弁当のごはんが余ったら(余らないと作らんのかいッ(笑))、主人の分もおにぎりを作ります。

前回のブログでも紹介したこのおにぎりケース。
平日は主人に、土日は子供が使います。なのでこのケースは2つだけ持っています。たまにもう一個あってもいいかなぁと思うのですが、なかなか買いません(^^;)なぜだろう?
って話が脱線しました、、、元に戻って、、

onigiri1

おにぎりケース

 

具は梅干しにしてくれと言われることが多いので、今回も梅干し。2つとも梅は珍しいけど、夏の暑い日だったので、あんまりがっつりと食べれないみたい。
梅干しがいいのは、やっぱり疲れをとってくれるから??体が欲してるのかしら?

onigiri2おにぎり中身は???

うちのおにぎり、以前はラップに塩をふって、ごはんを置き、真ん中にちょこんと具をいれてにぎってました。まぁ、昔ながらのおにぎりですな~。

でも、「おにぎらず」が流行り、我が子もそれにしてくれと言うので形を四角して、見た目サンドイッチ風に具を挟んで、包丁で中身が見えるように切って、お弁当箱に入れてました。
切るのが手間だったり、サンドイッチ風に見える具を用意するのも手間だななんて少しずつ思い始め~あんまり具が多いとうまくできなかったりもするし・・・。
普通のお弁当作るより手間かかってましたね。←ただの不器用((^^;)?)
おにぎらずの利点といえば、見た目も可愛いですが、味的には具が全体に入っているのがいいのかも?って思って、そこでいつのまにか自然の流れというか、おにぎり全体に具がいくようにおにぎりの半分全部に具をのせるようになりました。
今回はカツオ梅とこんぶ梅。子供の大好きメニュー(>▽<)。
どこから食べても具に行き着く。最後まで具があるようににぎってます。
(具が多いので、ごはんに塩はつけてません。)

onigiri3

こんな感じでおにぎりをつくります

 

美味しいし、どこでも具があるのがうれしいので子供も喜んでます(^^)
おにぎらずに苦戦してる方、ぜひお試しあれ~!!

読んでくれてどうもありがとう。
ではまた~(^^)