【自宅でムダ毛ケア】ケノンを真面目に使った結果

以前の記事「【自宅でムダ毛ケア】子供のためにもケノンを選択では除毛・脱毛のこと、今までの体験、光脱毛器ケノンを選択した訳を掲載しました。今回はなぜケノンにしたのかの詳しい理由と少しの体験記を書いています。

数ある家庭用脱毛器の中からなぜケノンにしたか

決して安くない買い物です。購入前に散々半年ほど悩み、他の脱毛器も含め体験談などもじっくり拝見させていただきました。
家庭用光脱毛器のメリットは
  • エステより安い(処理する範囲による)
  • 光なので一度に広範囲に処理できる
  • 家で内緒でできる(男性も内緒で処理できます)
  • 好きな時に簡単に使える
  • 家族で共有できる(男性のひげにも)
  • 期間・時間にしばられない

これらを踏まえた上で選択したケノン。購入を決めた理由が数点ありました。

ケノン購入に決めた理由①体験談を見て

ケノンの口コミでは脱毛効果のあったエステ実体験と同じ経験談がたくさん記載されていたことです。ケノンHPではなく個人ブログの口コミ体験談を主に参考にしました。

私自身エステの光脱毛の経験があるのでエステでの処理後の毛がどうなって、どう効果がでるのかを知っていました。それがケノン体験談が記載されている方と同じ効果だったのです。

肌が弱いので肌トラブルの点も心配していたのですが、ちゃんと使っていれば肌荒れはなさそうでした。沢山見た体験談の中には肌のトラブル話も見つけられなかった点も良かったのです。しかも肌荒れではなく「以前より肌が綺麗になった」と書かれていることが多かったのです。

ケノン購入に決めた理由②脱毛以外にも使える

ケノンはその時で変わるお得な特典付き(プラスワン)の購入ができます。私は美顔器付きの時を狙って購入しました。美顔器としても使えるケノン。脱毛にあんまり効き目がなかった時には、、、そう、高い美顔器を買ったと思うことにしようと思いました!Σ(・ω・ノ)ノ!半分冗談です…。美顔器も効き目があるみたいなので楽しみです。

ケノン購入に決めた理由③範囲が広い・回数が多い

照射(処理)範囲が広いのでその分時短になりますし、また、照射回数が多かったのも決め手の1つでした。電源をいれてほぼ待たずに照射できるのも時短ですね。

ケノン購入に決めた理由④ほぼ全身に使える

使用できる個所は「顔、背中、ワキ、胸、腕、お腹、太もも、ひざ下、デリケートゾーン周辺」ほとんど全身です。※説明書には皮膚の弱い部分、粘膜などには使用しないでください。ホクロ・あざ、傷のある部分も避けてください。と記載されています。

そのような理由で購入したケノンの特徴を紹介したいと思います。

ケノンは毛周期に合わせて光を照射して脱毛する「フラッシュ(光)式脱毛器」

毛周期って何?

体毛には周期があり、約4~6週間で一周する周期があります。毛周期に合わせて脱毛するので、生えてない毛には効き目がありません。ですので生えてくるまでの長期に渡っての使用が必要になります。

照射って何?

ケノン脱毛器のフラッシュを肌にあてることです。照射は器械で回数を選べます。私は照射レベル10と高くしてその代わり照射1回にしています。照射レベルが高すぎて痛みがある時に、低いレベルに下げ回数を増やして効果をあげています。

脱毛に必要な回数は?照射の間隔は?

毛周期に合わせて使うので2週間に一度の照射というペースで使用します。 脱毛の効果が確認できるまでは最低4~5回の使用が必要です。

ケノンは気長にする脱毛ケアです。満足のいく効果が表れるまで数か月はかかると思ってください。

その後は再発の毛の様子を見ながら使用していきます。

フラッシュは体毛の黒に反応するので毛周期にちゃんと毛がはえてこないとフラッシュ効果が弱くなり、その分脱毛期間が長くなります。

埋没毛などは反応が鈍くなりますので前回の記事でお伝えした通りケノンで脱毛する間はムダ毛のケアは剃ることをおすすめします。

これはエステなどでも同じことだと思います。

毛周期の中でもメラニン数値が一番高い成長期の体毛にフラッシュ脱毛すると効果的です。ちゃんと効果がでる状態で脱毛した方が効果が早くあらわれます。

成長期の体毛って何?

毛を剃るorカットした後、チクチクと生えてきた毛が成長期の体毛です。
成長の早さにもよりますが、剃ったり、カット処理した大体1~2日後の肌がいいと思います。

ケノンで脱毛できる部分はどこ?

先ほども記載しましたが「顔、背中、ワキ、胸、腕、お腹、太もも、ひざ下、デリケートゾーン周辺」ほとんど全身です。※皮膚の弱い部分、粘膜などには使用しないでください。ホクロ・あざ、傷のある部分も避けてください。
ケノン光脱毛器購入を悩んでいる方にお役に立てるように体験記を書いていきます

悩みに悩んで決めたケノン。私自身、体験された方の体験記がすごく参考になりました。ムダ毛で悩んでられる方のお役に立てるように次回からは体験記や処理時のコツを書きますね。
女性のムダ毛では写真がわかりにくいので主人の協力の元、男性の脱毛記録のわかりやすい写真を今後載せていきます。

将来我が子たちに使ってもらおうと購入したケノン。子供もケノンを体験したらまたそちらも載せていきますね。 ぜひ、ムダ毛に悩まれてるお子さんのためにも参考にしてみてください(*^^*)

では、初ケノン、脱毛体験のお話です。

ケノンで処理する前の準備は何?

脱毛する部分の毛を剃るかカットしておいた状態に。照射部分を清潔にしておきます。(肌に何も塗ってない状態)肌に傷などがないか確認します。サングラス、保冷剤を用意しておきます。

※ケノンはしっしん、ほくろ、刺青、しみ等の部分にも照射できません。間違えてホクロに光が当たった時は痛かったです。

照射する前に痛みを減らすために保冷剤で脱毛する部位を毎回10秒程度冷やします照射後も肌を落ち着かせるために10秒程度冷やします
火傷を防ぐためにも処理の前後に肌を冷やすことが大事です。保冷は必ず行ってください。
エステに通っていた時も冬でも処理部位をキンキンに冷やされていました。私はそれが嫌でしたが、自宅では自分で冷やせて冷たさの調整できるので苦にはなりませんでした。

脱毛するときの光の照射レベルの設定については?

まずは低めのレベル数値で照射して肌が大丈夫か、痛みはないか、確認してくださいね。私はレベル6から始めました。

※初ケノン時は照射テストも忘れずにしてくださいね。

レベルが高いと痛い時は低いレベルにして照射回数を多くして効果をあげてください。長く続けられるように無理・我慢はしないでくださいね。

これから私の体験談をお話します。私自身、敏感肌でアトピーも少しあり、肌が弱い方です。そんな私がいざ、ケノンでケアしてみました。
まずは両足親指で最初に試すことにしました。最初なのでレベル6・照射1回と低めに設定。痛みはなく少し熱さを感じる程度でした。

2週間後の2回目にはレベル8・照射1回と強めにしていき、また2週間後には最高のレベル10・照射1回でも痛みや荒れなどなく大丈夫でした。

毛が薄い部分や痛みを感じにくい方は最高レベル10でも大丈夫だと思います。夫は痛みをあまり感じないらしく、ひげはレベル10で脱毛しています。ただ、痛くないからと言って冷やすのを省いてはいけません。冷やしているおかげで痛みが軽減されています。

しっかりと冷やしてから照射、照射した後もしっかりと冷やしてください。痛みの感覚には個人差がありますので少しずつレベルUPして確認してくださいね。

1回の脱毛の時間はどれくらいかかるの?

ケノンの照射ケアはあっという間に終わります。範囲が広ければそれなりに時間がかかるとは思いますが、ワキなどの小さな範囲ではすぐ終わります。照射1回なら
  1. 10秒冷やす
  2. 1回照射なら「バチッ」と音がする
  3. 10秒冷やす。

で終わります。

慣れれば1回の処理は両脇で5分かからない!

ケノンで脱毛処理後はいつ効果がわかるの?

ケノン照射後、数日~1週間ほど経つとするすると抜け落ちる感覚がわかることもあります。両足親指は初ケノン後に数日から1週間くらい経つと毛を力をいれてひっぱらずとも少しつまんだだけでするすると抜け落ちる感覚がありました。痛みなどもなくすぐ抜けるのでなんとなくわかると思います。毛が切れてるのかな?と感じますが照射の効き目が届いてない毛は引っ張ると抜けずに痛いです。痛い毛を無理に抜いたりすると埋没毛になってしまう可能性があるので無理に抜くのはやめてくださいね。

2週間後には残っていた足の指の毛が軽くこするとポロポロと落ちるように!ケノンは濃い毛によく反応するので薄い毛はこういう状態は起きないかもしれません。

続けてみた結果は?効果は?

2か月後、毛穴に黒い部分がまだありますが長い毛が全然生えてきません。2か月ほど経ちましたが毛が伸びなくなっています。よく見ると毛穴の黒い部分がまだあるのでもう少し続けていきます。

足指に続きひざまわりとひざ下もケノンでケアし始めました。膝まわりは元々埋没毛みたいに毛穴が詰まった感じになっていたのですが、だいぶ綺麗になりました。触り心地が違います。チクチク感がないんです。

ポコポコ鳥肌みたいになっていたひざまわりが綺麗になっています。毛穴もありません。効果すごくでてます!!

ただ、ひざ周辺の照射がうまくできていない部分はまだ長い毛がかたまりで生えてきています。

照射できてない場所ができるのはなぜ?

光を照射する器具が横長の□形でうまくあてないと光が当たってない場所ができます。次に伸びてきた毛を重点的にやることで解決できます。エステではペンで線を書いてそれを基準に照射もれがないようにされていたのでまんべんなく光をあてられます。エステは自分では届きにくい場所もしてもらえるし、何より丁寧にしてくださるのはいいですね。ただ、エステは丁寧な分、滞在時間がかかっていました。通う時間、交通費、待ち時間、処理時間などの時間を考えれば、自宅で脱毛が今の私にはあっています。

届かない部位は家族で協力してお互いやってもらうといいかもしれません。

効果がでやすくなるコツは何?

私が体験してわかったケノンのコツ!!数回ケアしてみてコツを実行するとやっぱり効果が違う!と確認できました。
女性はカミソリや電気シェーバーで処理してから1~2日たったぐらいの少し生えてチクチクしたムダ毛に使うのがベスト!

説明書を読むとそのことが記載されています。

最初はそれを見ておらず綺麗にシェービングされた肌の状態でケアしていましたが効果がでるのが遅かったのです。

女性はムダ毛があるといっても毛穴が小さいので剃りたては照射しても反応が弱くなるようですがチクチクしたムダ毛に照射する方法に変えてからは効果が高くなりました。

ワキなどの太めの毛は剃った後にすぐに処理しても効き目があると思います。ケノンの光は黒い色に反応するからです。

男性は基本体毛が濃いので処理してからすぐにケノンを使ってもいいと思います。


次回は主人のケノン体験記です。ぜひ見てくださいね!
ケノンについて他のページがご覧になりたい方はこちら↓
<随時更新中>